お店の話 #02

個性 / 個性的

個性的という言葉は僕はあまり好きではありません。

全ての物や事の本質・中身が見えなくなる言葉、あるいは、見ようとしていない人が何かを嘲笑するために使う言葉だと思うからです。

昔からなかなか変わった服装をしていたので、色んな人に個性的だねと言われていました。

あまり良い気持ちにはなりませんでした。

僕の服装を褒める気持ちがあれば、かっこいいとか似合っているとか何か気持ちのこもった表現があると思います。

個性的だねという人は、何か良く分からないけど自分とは違う異質な物に、個性的という言葉の蓋をして思考を停止しているのだと思います。

“個性的”だけど没個性の物。

とても普通に一見見えるけど、個性があるもの。

ぶっ飛んでいるもの。

世の中には色んな物があり色んな人がいます。

僕は個性を大事にして生きているし、友人たちも個性があります。

ファッションが大好きな友人は少ないです。

皆さんも人を見た目だけでは選ばないと思います。

性格が良く好かれる人。

才能があり好かれる人。

ぶっ飛んでいる人。

洋服も同じかなと思います。

そのブランドごと、商品ごとの魅力があります。

1つの尺度だけでは簡単には魅力は測れません。

また、物や人の魅力の理解を深めることでそれらとの付き合い方も変わります。

服に対しての付き合い方というのは着用したときの楽しみであったり、スタイリングであったり。

人や他の物と違うのは、装う物だからルックスが1番大事であることと生活に根差している必要があることです。

なので、VODKA では基本的には “結果” ( 見た目 ) を1番大切にしながら、それに付随する背景を説明してお客様に良い提案をしていきたいと考えています。

その “結果”を徹底的に求めるが故に、語れる背景が生まれる。

そのストーリーが説得力を産む。

そんな服を取り扱っていきます。

例えば、今後取扱をお願いしたく思っている某ニットメーカー様はとてもシンプルなデザインの物を作っています。

そこは、いわゆるファクトリーブランドなのですが、色んなブランドの生産を請け負っており、タグには製造工場がかかれなていなくても、その工場で作られていることが一目で分かるような個性が宿っています。

そこにしか出来ない技術の塊です。

“個性的” では無いですが、“個性” があります。

結局、なにが言いたいかというと“個性”のある品揃えをしていくこと、深く見ないとうっかり見落としてしまう“個性”を取引先様に代わってお客様に伝えて理解してもらい良い買物のお手伝いをして行きたいなと言うことです。

これからブログでは少しづつVODKAで取り扱っている服の個性と魅力を紹介出来ればと思います。

近澤

お店の話 #01

こんにちは。

VODKA connecting people の近澤です。

お店について以前のホームページにはブログを書きましたが衝動的に全てHPのデータを削除してしまったのでもう一度書きます。

VODKAのコンセプトは “大人の部室”です。

なので、店の奥にはカウンターがあり、ソファとテーブルがあります。
そこで皆さんに寛いでもらったり、はたまた、パソコンを開いて仕事をしても良いスペースとして解放しています。
WIFIの貸し出しも無料でしてます。

何故、このようなコンセプトでこのような店の作りにしているのか。
僕なりの持論があり、服屋をするに当たって服屋の存在意義について考えました。

そもそも、世の中には無駄な洋服が沢山作られていて沢山の洋服が一度も袖も通されることなく廃棄されている。
大阪には洋服屋も沢山あって良いセレクトショップも沢山ある。
その中でお店の存在意義をどう作っていくのか。

現実的な想定ではないですが、世界に洋服屋がなくなるのと居酒屋がなくなるのとどちらが嫌か?
僕は居酒屋がなくなる方が嫌です。

洋服屋と居酒屋の違いは何かを考えました。

居酒屋は好きな人と楽しい時間を過ごす空間です。
洋服は好きな人たちや人生を豊かにするための道具です。
楽しく過ごす場所がなければ高価な洋服を買う理由はありません。

洋服は人に見られるための物です。

好きな人たちと楽しい時間を過ごす、どこかに遊びに行く。
新しいコートを着て会社に出勤する。

人との繋がりや視線があるからおしゃれをします。
人との価値観の差異を楽しむためにおしゃれをします。
おしゃれは人生を楽しむための道具です。
おしゃれすることが目的になってしまってはいけないし、洋服に人生が支配されてしまっては駄目だと思います。

なので僕は、お店のコンセプトを洋服を軸にするのでなく人を軸にしたいと考えるようになりました。

人と服を繋ぐ、人と人を繋ぐ。
洋服を売るだけの場所じゃなくて、人生を楽しめる場所にしていきたい。
大人がグダグダ出来る、寛げる。部室のような空間。

少しづつですが、シンプルに洋服を見にくるのでなく、僕に会いに来てくれる。
遊びに来てくれるお客さんも増えてきました。

勿論、服は買って欲しいし売上は欲しいのですが、それ以上に、フラッと顔を出してくれるその行為がとても嬉しいです。
当然、プライベートな時間にくる訳で、限られた時間を割いて僕のお店に遊びに来てくれているからです。

貴重な時間を割いてる訳ですから、お客様には楽しい時間を過ごして貰いたいと思っています。

そのためには商品は面白い物である必要がある。

お店は落ち着ける空間である必要がある。

魅力的な商品説明をする必要がある。

洋服以外の話の引出しを持つ必要がある。

VODKAを通じて友達が増えて、洋服が増えて、その新しい洋服でその友達と居酒屋に行く。
その洋服でVODKAに遊びに行く。

そんな風景が見られるお店になれたら良いな。
とそんな思いを持ちながら少しづつ頑張っていきたいと思います。

駄文かつ長文失礼しました。

近澤

HP リニューアル

肥後橋、靱公園の近くのセレクトショップVODKAの近澤です。

本年の2/23にオープンしオンラインショップも同時に運営しておりましたが一度閉鎖させていただいておりました。

今回、ホームページリニューアルしました。

オンラインショッピングはカート販売は一旦停止。

E-MAIL、インスタグラムDM、若しくは電話にてご対応させて頂きますので気兼ねなくご連絡下さい。

ブログでは、商品の説明の他、日記では日々気になったことや

ご飯についてなど雑多なお話にはなりますが書き連ねていきます。

少しづつですが、コンテンツ充実させていきますので時々チェックして頂けますと幸いです。

>