PORTVEL 19FW 大阪

 

Portvel 

ブランド名の由来は「Portray(描写)+Novel(新しい)」。

様々なフィールドに順応し、現代の生活をシンプルにする機能的ウェアを製作する事と、そこから自然に生まれるファッション的アプローチを提案。

先シーズンでは宇宙をコンセプトに打出しをしていました。

2019FWのテーマは “japonism”

禅、枯山水など日本的な文化、美意識に注目し素材やディティールの使い方にそれを落とし込むことで、現代的なアイテムに仕上げています。
精神的な部分、内なる宇宙に目を向けて今までのportvel のアイデンティティを一層深化させたコレクション。

ブランドの得意とするレフレクター。
今回は、リフレクター素材をそのまま使うのでは無く、糸として使い衣服の構造の中に反射する機能を埋め込んでいます。

こちらはニットグローブ。

写真はフラッシュをたいて撮ってます。
ですので、普通はもう少し自然な反射の仕方をします。

もうすぐマックコートも入荷してくるのですが、そちらはLINTON社の物ではないですが、いわゆるシャネルツィード、このツィードの中にリフレクターヤーン(光る糸)を織り交ぜたオリジナルの生地。夜道に光に当たるとふんわりと反射します。

次にワークジャケット。

Portvelの定番として発表し続けているワークパンツとセットアップになります。

こちらの特徴は前、後ろ身頃と共に施されたクリースライン。
ワークパンツと合わせると、クリースラインが上下で繋がります。

線と線を繋げて1つのもの / セットアップにする。
縦の線が強調され、コンテンポラリーな印象に。
決して過装飾では無く、ウェアラブルでベーシック。
それでいて既視感の無いデザインに仕上がっています。

直接的でなく、間接的に。
環境によって見え方が変わる。
見る人、角度、環境など状況により変化する。

表層ではなく、もう少し深いところにデザインを落とし込んだ都市生活を営む大人のための衣服に仕上がっています。

近澤