X

EESETT&Co. “ポケットがいっぱい Ⅱ”

EESETT&Co. / イーセットアンドコー
Lancaster / Wide Trousers

 “ポケットがいっぱい Ⅱ”   



 よく考えてみたらポケットが一般的な服よりも多くある洋服が他にもあった。そんなにポケットがあっても仕方ないんだけど何故かそういうのが好きなものだから、しょうがない。その癖、どのポケットに何を入れたのか分からなくてなってしまうので本当に尚更始末の悪くて、しようがない。先日も切符が見つからず大騒ぎ。本当に嫌になります。

このEESETT&Co. のワイドトラウザースは、前は右側に二つ、左側に一つ、後は左側に二つ、右側にポケットがついている。バックポケットは垂直方向に対し気持ち斜めに配されている。

大学生振りだろうか、チノ素材のパンツを履くのは。アメカジ感出るのが苦手で基本的には避けてきました。最近、個人的には暫く手に出してなかったような物や苦手だった物に挑戦したくなる傾向にある。

チノ素材を使っているけどいわゆるチノパンではなく、EESETT&Co.らしい、無骨だけど、少しだけエロくて少しだけ少年っぽく、ブリティッシュなトラウザースに仕上がっています。Callの6 Pocket Trousersと同様に腰で履くのでは無くしっかりウェストで。お尻からドレープを効かせながら落ちていく迫力のある出立が新鮮です。

少し変わった所にポケットがあったり、付き方が特殊であったり、そのような服を着ていると、物を取り出したり入れる度に少しだけいつもと違う動作を強制される。

身体と衣服について多くの書物を著している鷲田清一が、ヨウジヤマモトの長い袖のジャケットに対し、愛着を持って「手を使うときにいちいち袖を捲る必要があり、急いでいる時には向かない服である」と評している。身体と衣服との関係には、見た目のかっこよさや着ていて楽だとか気持ちがいいというような着心地以外にもデザインされるべき点があって、こういったポケットにはヨウジヤマモトの長い袖と同様、物を出し入れするという機能以上に大切な何かがあると個人的には思う。

一見して気付かない細かい部分に潜んでいるデザインに気づいて愛着心を持ったり、散歩してる時に町の何かにふと美しさを感じたり、液晶画面では分からない何かを感じ取る感性が人生を豊かにしてくれる。僕はこのズボンのポケットの位置や数の楽しさに気付き、洋服の形や素材以外の部分に対して愛着を持つことが出来た。

EESETT&Co.
Wide Trousers ” Lancaster”
Camel / Black
Size 30.32.34
Price : 35,200 tax included


VODKA connecting people / 大阪府大阪市西区江戸堀1-18-5
Jun Chikazawa / 近澤 惇

Brands.
AUBETT / ENSOU. / EESETT&Co.
ISSUETHINGS / MASU / SEEALL / SOWBOW
GABRIELA COLL GARMENT / RAINMAKER KYOTO 
A MACHINE / Call / RANDY / Scha Hat  
and used clothing


>