TigranAvetisyan19FW

Tigran Avetisyan – the strange man –

モスクワからtigranavetisyan(ティグラン・アヴェティスヤン)の19FWが到着。

2012年にSt.Martinsを卒業。
その卒業コレクションがlvmhに注目されスポンサーになってもらいキャリアをスタート。

その後、故郷のモスクワに拠点を戻し自身のブランドをスタート。
本人によるハンド加工が施したアイテム群、それにより社会に対するアンチテーゼを投げかけ続け独自の世界観を作り出しているアーティストです。 

最近ではNIKEさんなどとコラボレーションもしています。

今シーズンのThemeは “The walls”
世の中には打ち破るための壁が必要であり、境界としての壁、異なる事象同士に生まれる境界にこそ新しい価値があることを伝えようとしています。

こちらの商品は畳まれた状態のt-shirtsの上からラバープリントがされた1枚。
着用するには額から外し、さらにプリントをちぎって着用する必要が有ります。
2枚目に破いている動画を載せてますのでこちらでイメージをして頂けると幸いです。

※今回のボディはグレーです。動画は19ss時に公開された作品です。

プリントは原爆のキノコ雲やチェゲバラ、札束、フェラーリなど誰もが知るものやデザイナー自身が気になる物をコラージュした物になります。

あらゆる物をコラージュし境界を曖昧にし、さらにプリントを破壊させ着用することを強要するアイテム。

コラージュされたアートを着るといった表現方法ではなく、プリントをちぎり破壊させることにむしろアート的な手法や視線を感じます。

テーマに関するメモ書きにはこう示されています。

“このコレクションはファッションとアートの中間に位置するようにしたかった”
アート=ファッションには決してならないと数多くの批評家やデザイナーが過去に発言しています。
私もその通りだと思いますが、本コレクションはそもそもファッションでもなくアートでもないものを作ることを前提にしています。

アートとファッションの壁とは何なのか?
と着用する人に投げかける実験的、体験的な作品です。

それ以上のことは着用するひと自身で考えることが正しいのかも知れません。

試着希望の方は試着用にLサイズを額から外してハンギングしてますので破って試着してみて下さい。Instagramでも書きましたがまだ破られていないので残ってます。

破くのは先着一名様です。後日私の私物となります。

Size: L. XL.  38,000 + tax

存在感抜群のアウターも2種類。
これは友人が撮ってくれたのですがボカして居てもこのインパクト。

コンビニで何か変なあだ名が付けられそうです。

Bottoms : rainmaker kyoto
cap : Washington University official

デニム素材のコーチジャケット、コートを平置きにした状態で今シーズンのtigranのアートワーク(下記参照)を大胆にウレタンプリントが施した1枚。

Coach jacket / Size M.L 120,000 + tax
Coat / Size M 135,000 + tax

まず着心地ですが、バッキバキかと思いきや意外にも良好です。

プリントは少しずつ剥がれ、複数の絵がコラージュされたプリントはさらに違う形へと変化します。

以下、モチーフ全てではないですが列挙しております。 

「キノコ雲 / 原発 / ピクニック」

「独裁者たちの接吻 / ベルリンの壁 / 旧ソ連のブレジネフ書記長と旧東ドイツのホーネッカー書記長の接吻 / 一般海兵同士の接吻」

「UMBRP / 金 / ホワイトハウス」

「agnosia / 失認 / this is my blood / 服のゴミの山の上に立つ案山子」

「梯子に登り天に向かう男 / 矢を射る天使」

「謎のキャラクター / 森」

兎にも角にもインパクト抜群なアウター。

ポロポロプリントが剥がれて黒の面積が増えるので多少はウェアラブルに。

が、そもそもポロポロプリントが剥がれてるアウターの時点で結構やばいと思います。

私はコートを買いました。
変なおじさんになりたい人お待ちしてます。

ちなみに、このアウター、他店取扱店舗結構見ているのですがどうもどこもオーダーしていなさそうな感じがします。まだアップしていないだけなのか、、
前職では死に筋キラーの異名を先輩に頂いたのですが、バイヤーとしては中々致命的な名前。先シーズンもyuyatakateでコレクションピースをバイイングしましたがうちだけの取扱でした。

ブランドを取り扱う意味ってそのブランドの世界観を伝える義務も発生すると思うのですがビジネスの世界は厳しいですね、、頑張ります。

近澤

hello yvs

mando – hello ysl –

実はこのブランドホームページが無いんです。
インスタグラムはやってますがあまり積極的にはしていません。

イメージ戦略こそ全てと言わんばかりのブランドが溢れる中、商品力で勝負しています。
その代表的なアイテムを説明しながらmandoの商品力、魅力を探りたいと思います。

代表的なアイテム、セットアップ。
まずはジャケットから。

以前の高巣氏は自然由来の素材を好んで使用していましたが、化繊の可能性、都市生活との相性に気付きを得て、それ以来巧みに化繊に細やかな加工を施すこと+パターン使いで風合い豊かでノンストレスなアイテムを作り出してきました。
本品番はその大本命。ポリエステル100%の製品洗いのシワ加工。ここ数年毎シーズン出されているアイテムです。

見た目はウールの縮絨加工然としており、肌触りはシャリっとしている。そして、ノンストレス。
こういった類の皺加工のジャケットはボタン位置が高くポテッとしたシルエットにしていることが多いかと思います。

Mandoのこのジャケットの特徴は、ゴージ位置低め、ボタン位置低め。
昔のサンローランを彷彿させるシルエット。

プレタポルテ黎明期、イブサンローランが数多の新しいシルエットを模索し構築してきた時代に企業のデザイナーとして活躍していた高巣満導氏。

そのコアコンピタンスは常にクラシック、そしてエレガント。
そこに今日的なセンス、コンテンポラリーなエッセンスを足しています。

エレガントでカジュアル。
コンテンポラリーでクラシック。
賢そうで悪そう。
柔らかくてソリッド。

いつの時代もかっこいい男は二面性を持っていると思います。
然るにかっこいい服もそうあるべき。

そして、サイドシームレスのtrousers。
mandoと言えばと、ブランドを良く知る方では代名詞のような存在。
ある人に言わせれば、mandoはパンツブランドだと。
それくらい魅力の詰まったtrousersです。

股上は深く、外側に向いた2tacsのプリーツが裾に向かって緩やかにドレープが形成されます。

パンツというのは4枚の生地を用いて作るのが基本です。
2枚の生地のみで作る、片足を一枚の布でぐるりと包み込む。
サイドシームレスの代表選手で言うとマルジェラ腕を奮っていた時代のマックィーンパンツやミリタリーのマリンパンツなどがそれに当たります。

この女性と2枚目の左の海兵の膝から下、内側に向かって生地が捻れていませんか?
この不器用で不自然な捻れはそれでまたかっこいいんですが、mandoはその捻れを機能と自然な美しさに転換します。

ただただ1枚の布で片足を巻こうとすると、生地が平面なことに対して体は立体ですので生地の捻れが発生します。生地が暴れるってゆうのはそれだけ生地が行き場を失っているということで、それを適切な落とし所を与えてあげると余った分量は可動域に、そして綺麗なドレープになってくれる。それがパターンの面白いところです。それを巧みに利用したパターン使い。ツータックで生地分量を増やす。裾に掛けてテーパーさせ、捻れて暴れる生地に独特なドレープを与える。

これはデザイナーの高巣さんが着用している1枚。
自撮りが下手なので借用ですみません。

mandoのパンツはそのパターンの面白さが詰まったアイテムなのかなと思います。
このパンツは可動域+αの副次的効果も生み出しているのでそれも説明。

インサイドのシームに向かって生地の重みが寄りかかります。そのため、歩いた時には、4パーツのパンツで起きる前身頃による太ももの突っ張りがなく、すっと前に蹴り出された足全体に生地が付いて来てくれるのです。だからコンフォーダブル。

ドレープも構成上、必要なドレープなので嫌味が無くエレガント、先の理論で生地が付いてくるため歩いていると尚かっこよく映ります。
デスクワークだけでは勿体ない。
足で情報を稼ぐ頭脳職のためのパンツみたいなイメージ。散歩のためでも良いです。

ある人にとってはドレスアップ、ある人にとってはカジュアルダウン。そして快適。
ここまで幅を持たせたセットアップは他にはなかなか無いでしょう。

他にもコート、柄シャツがファーストデリバリーで入荷しております。

コートは袖までついたライナー使いで取れば春まで着られる。
シャツは台襟が無いタイプのドレスシャツ。ボタンを開ければ開襟のように着られる。

あらゆるアイテムで両義的な部分を持たせ、着る人たちに余白を与えてくれるブランド。

それがmandoの魅力だと思います。

一言では語れない取引先様が多く、毎度ブログが長くなりますが読み物として楽しんで頂けると幸いです。

近澤

May the Force be with you

May the Force be with you / 不思議な素材

RAINMAKER KYOTO doublebreasted melton coat

こんにちは大阪の肥後橋にお店を構えるVODKAの近澤です。

HPを消して作り直してから最初の商品紹介です。

今回はRAINMAKER KYOTOのコートの紹介。

雨男の異名を持つ渡部さんによるブランド。展示会初日はいつもブランド創設以来雨。記事を書いていると早速外は土砂降りです。ありがとうございます。

さて、今回紹介するのは、同ブランドでは定番で毎年出している断ち切りのカシミヤ混のメルトンダブルフェイスシリーズ。そして、ダブルフェイスの亜種としての3layer。

まずはシルエット

シルエットは肩で着るというより身に纏う。

何処と無く和の要素が感じられます。

着てみるとジェダイさながら、何かしらのオーラ、いえフォースを見に纏うことが出来ます。

モデルさんですが、、、 2枚目に商品のみの画像を貼っております。

鎌を深く取っており、袖付けは前気味に。

ジャケットインでもラクな仕様。

後ろ身頃は1枚でフラットな形。

前身頃はゆったりとしたコクーンなフォルムです。

写真が下手なので図解で。(絵も下手)こんな感じのパターンになってます。

これらにより、何処と無く平坦(和装)を想起さながらも、都会的、そして独自性を感じさせる形に仕上げています。

デザイナーの渡部さんのバランス感覚と懐の深さがダダ漏れの1枚です。ハンガーにかかっているだけでも伝わってくる力強さに惹かれ展示会でいの1番に試着しました。

そして、素材なのですが、これ良いなと思いながら、組成表記を見ると。

「silk 100% / wool 90% nylon 10% / wool 100% 」

???ダブルフェイスなのに三つ組成が書いてある。。

これ間違ってますか?

とデザイナーさんに聞きました。

合ってます。シルクも使ってます。

と答えられました。

あ、そうなんですね。と驚きを隠して答えました。

聞いたことありますか?

3layerの生地。

Gore-Texなど機能性素材では撥水の生地、浸透圧調整など貼り合わせの3layer生地良く聞きますが、こういった素材では聞いたことが無く無知な部分を曝け出してしまいました。

ウールメルトン(ナイロン混)とウールジョゼットとシルクの3layer。

同生地のダブルフェイスではなく、異なる生地を張り合わせる上で生地の質感と張りを担保するためでしょうか。間にシルクを挟んだ生地です。

贅沢ですね。なんというか京都人の京都ブランドの余裕を感じました。生地の分量も相当な物です。もちろん、カシミヤ混ウールメルトンも間違いなしの安定した生地です。

Doubleface / 88,800 yen +tax Size : 3,4

fablic : cashmere 15% wool 85%

3layer / 128,800 yen + tax Size : 4

fablic : silk 100% / wool 90% nylon 10% / wool 100%

オンラインショップはまだ開設していないですが通販も承っておりますので

ご希望の方はjunchikazawa@hotmail.comかinstaのDMよりお問合せ下さい。

May the Force be with you…

近澤

お店の話 #02

個性 / 個性的

個性的という言葉は僕はあまり好きではありません。

全ての物や事の本質・中身が見えなくなる言葉、あるいは、見ようとしていない人が何かを嘲笑するために使う言葉だと思うからです。

昔からなかなか変わった服装をしていたので、色んな人に個性的だねと言われていました。

あまり良い気持ちにはなりませんでした。

僕の服装を褒める気持ちがあれば、かっこいいとか似合っているとか何か気持ちのこもった表現があると思います。

個性的だねという人は、何か良く分からないけど自分とは違う異質な物に、個性的という言葉の蓋をして思考を停止しているのだと思います。

“個性的”だけど没個性の物。

とても普通に一見見えるけど、個性があるもの。

ぶっ飛んでいるもの。

世の中には色んな物があり色んな人がいます。

僕は個性を大事にして生きているし、友人たちも個性があります。

ファッションが大好きな友人は少ないです。

皆さんも人を見た目だけでは選ばないと思います。

性格が良く好かれる人。

才能があり好かれる人。

ぶっ飛んでいる人。

洋服も同じかなと思います。

そのブランドごと、商品ごとの魅力があります。

1つの尺度だけでは簡単には魅力は測れません。

また、物や人の魅力の理解を深めることでそれらとの付き合い方も変わります。

服に対しての付き合い方というのは着用したときの楽しみであったり、スタイリングであったり。

人や他の物と違うのは、装う物だからルックスが1番大事であることと生活に根差している必要があることです。

なので、VODKA では基本的には “結果” ( 見た目 ) を1番大切にしながら、それに付随する背景を説明してお客様に良い提案をしていきたいと考えています。

その “結果”を徹底的に求めるが故に、語れる背景が生まれる。

そのストーリーが説得力を産む。

そんな服を取り扱っていきます。

例えば、今後取扱をお願いしたく思っている某ニットメーカー様はとてもシンプルなデザインの物を作っています。

そこは、いわゆるファクトリーブランドなのですが、色んなブランドの生産を請け負っており、タグには製造工場がかかれなていなくても、その工場で作られていることが一目で分かるような個性が宿っています。

そこにしか出来ない技術の塊です。

“個性的” では無いですが、“個性” があります。

結局、なにが言いたいかというと“個性”のある品揃えをしていくこと、深く見ないとうっかり見落としてしまう“個性”を取引先様に代わってお客様に伝えて理解してもらい良い買物のお手伝いをして行きたいなと言うことです。

これからブログでは少しづつVODKAで取り扱っている服の個性と魅力を紹介出来ればと思います。

近澤

HP リニューアル

肥後橋、靱公園の近くのセレクトショップVODKAの近澤です。

本年の2/23にオープンしオンラインショップも同時に運営しておりましたが一度閉鎖させていただいておりました。

今回、ホームページリニューアルしました。

オンラインショッピングはカート販売は一旦停止。

E-MAIL、インスタグラムDM、若しくは電話にてご対応させて頂きますので気兼ねなくご連絡下さい。

ブログでは、商品の説明の他、日記では日々気になったことや

ご飯についてなど雑多なお話にはなりますが書き連ねていきます。

少しづつですが、コンテンツ充実させていきますので時々チェックして頂けますと幸いです。

>